酔っぱらったついでにつれづれと・・・


by c55-52
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

初秋、朝霧の中を

d0023458_22343444.jpg


先月のことになるが、日向路を行く“ななつ星”の姿を撮影したいと思い、なんとか休みを作った。

久しぶりにカメラを握る。宮崎から延岡までは東九州道の区間開通によってアクセスの向上が図られた。よって、ちょっとくらい寝坊(それなりに早起きは必要ですよ)しても、、えいやっと安全運転で撮影に臨むことが可能となったのである。

この日。

以前から撮影したかった北川町のポイントにて、日向路まで下ってきた“ななつ星”を迎え撃つこととする。線路沿いの集落にある小高い丘から、中望遠のレンズを構えて列車の通過を待った。

山々に反響するジョイント音に列車の接近を知る。朝霧の中からDF200のヘッドライトが不意に現れ、築堤の大きなカーブをゆっくりと通過していった。落ち着かないまま、シャッターを押し込む。

そうした結果がその画像。腕はまだまだ未熟だし、表現力も乏しいので、色々と反省。
[PR]
# by C55-52 | 2014-09-18 22:51 | 写真

水曜日のたのしみ

d0023458_22183879.jpg


“ななつ星 in 九州”が走り出してまもなく1年を迎えようとしている。様々なメディアを通じて列車の運行が伝えられてきたと思うが、個人的に利用料金ばかりが注目されることに違和感を覚える。高い競争倍率、九州の魅力を詰め込むだけ詰め込んだ車輌・・・。まぁ、庶民には手が出せない価格設定でもあるので、そういった取り上げられ方を全て否定する訳ではないのだが、もう少し、「クルーズトレイン」という言葉を丁寧に扱っても良いのではないか・・・と思うのだ。

文字通り、九州を巡る列車。抽出された九州の一番良いところを体感できる列車。運行開始の頃からは落ち着いてきているとは思うが、“ななつ星 in 九州”が運行される沿線では、列車が通過する頃になれば、手を振りに、列車の通過を見守るためだけに人々が集まってくる。

その様な人々を見ていると、腕に孫を抱いた“じやん”(宮崎の言葉でおじいさん)もいれば、公式サイトからダウンロードして作ったほのぼの感満載の旗を降る“ばやん”(宮崎の方言でおばあさん)もいる。そして、純粋に列車の通過を迎えるだけでなく、私のような一介の素人写真家にも優しい声をかけてくれるのである。

More
[PR]
# by C55-52 | 2014-08-26 22:55 | 写真

試運転はつづく

d0023458_19181911.jpg「ななつ星 in 九州」の運転開始が目前に迫っている。

9月13日に小倉車輌センターでメディアを対象にお披露目があり、その日から営業開始に向けた試運転を開始している。まぁ、大なり小なり・・・のトラブルが発生し、その都度、報道を賑わせているが、関心の高さ・・・というやつなのだろう。

More
[PR]
# by C55-52 | 2013-10-12 20:14 | 写真